ハッスル♪ハッスル♪♪ 2011 SUMMER

読者の皆様、どうもRです。ご無沙汰しております。
試合等、予定も充実していたので書こう・書こうと気持ちだけが強く前に進んで、行動に移せなく停滞しておりました。
写真だけはちょいちょい撮っては管理人さんにアップお願いしておりましたので、夏期合宿をポイントにコラムを書こうとし、なでしこジャパンを観戦せずパソコンへと向っております。本題に入る前に、脳内メモリが覚えている限りの消化した試合を整理してみます。
(プライベートタイムもちょいちょい入れますが気にせずに。)

7月17日(日)
世間は三連休だぜ!ってことで行ってきました県立カシマサッカースタジアム。
毎年一回は訪れているであろうスタジアム。今回の目的は、頑張ろう日本。
震災の被害を受けた、茨城県は鹿島アントラーズ 対 宮城県はベガルタ仙台の一戦を観戦。

7月23日(土)@校庭開放練習 3~1年生 対 豊島少年SC & 女子選手交流会
低学年生は、元気な子が多く、女子交流会はなでしこ世界制覇の波に乗ろうとしたが各チーム試合が入っていて参加人数が思うように集まらず、波に乗切れずフィニッシュ。次回に期待します。
(女子選手交流会は、考えや、想いだけが一人歩きしてなかなか実現出来ない自分がいます、これらはどんどん課題となって積まれております)

7月24日(日)@校庭開放練習 5年生 対 学園&豊渓
練馬区 ナンバーワンチームが来てくれたので、たっぷりやっつけちゃえ!とか思ったが、結果はどうだったのか。
個人的には、この週末で@国立競技場 Jリーグを観戦して楽しんできました。
土曜日 J1 柏レイソル 対 鹿島アントラーズ
日曜日 J2 FC東京 対 ロアッソ熊本
(日曜日は、学園さんのスタッフからチケットを頂いたという事情です。この場を借りて感謝申し上げます。)

7月30日(土)@府中 5年生招待試合
楽しみにしていた招待試合でしたが、天候不良の為中止。

7月31日(日)@大泉中央公園 高学年生
こちらも天候不良のため中止。
自身この週末で、38.5度まで高熱になる。

8月4日(木)夏休みというアイテムを駆使して、3~1年生は石神井南中へ。
高学年生は通常練習の時間で練習試合&紅白戦
低学年生の練習試合は、元気だけでなく、サッカー感が出てきたと実感しました。
身体だけがドンドンと前に突き進む子達が、頭で“状況判断”しているんだと。
練習試合終了後はとある目的のため原宿へ。答えは8月20日(土)@練馬総合Gで。

8月6日(土)
@校庭開放練習 2&1年生 対 練馬FC 4&3年生 対 練馬FC&ソルコリーナ
@大泉さくらG  6&5年生 対 白ふじ&ウエスト

8月7日(日)
@校庭開放練習 5年生 対 北貝取&ウエスト
@校庭開放練習 6年生 対 南光
この辺は記憶が新しそうだが、なんせ猛暑で暑くて暑くて脳内メモリがバグっております(笑)

ほぼ毎週試合を組んで選手達は取組んでいるので、変化があって欲しいと願うばかり。
ただ、“こなしている”だけならなんも意味ないよ。だったら試合なんて組みませんよ、と思っております。
楽しむのもいいが、練習でやったこと・やってきたことを存分に発揮し・やってもらい、また反省材料を見つけ、次に活かす・繋げる。
こんなサイクルで練習試合に取組んでくれたいいなと願うばかり。

2011年夏期合宿 8月12日(金)~15日(月)@長野県武石
こちらが今回のメイン。
お盆真っ最中に始まった合宿ですが、渋滞を心配するも意外にスムーズに行き、宿に到着。
今回は、雲渓荘さんを貸し切りでお世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

宿からグラウンドまでは車で7キロ程の山道を、毎回車で15分程移動をしておりました。

グラウンドは大自然に囲まれた素晴らしい環境で、マイナスイオンをたっぷり浴びお日様もたっぷり浴びれる、大泉さくらGをさらに一回り大きくしたイメージです。
三日目は、地元の小学校のグラウンドを借りました。こちらは敷地内に自然の川の水が流れていて“主”も泳いでいました。
四日間通して天気にほぼ恵まれ、東京と比べ物にならない過ごしやすさで、朝晩は肌寒く長袖が必需品でした。
大きな怪我や熱中症等もなく良かったです。
合宿の怪我と言えば、もはや名物!勝川コーチが右肘を擦りむいて出血しておりましたw

現場の基本的な動きは、Aチーム・Bチーム・Cチーム・GKと4グループで動いておりました。
初日午後・二日目終日・三日目午前はたっぷりトレーニング。三日目午後は、地元のサッカーチームとトレーニングマッチ。
四日目は紅白戦でフィニッシュ。
初日と、二日目の夜はミーティングを行い、頭も身体もサッカー漬けでした。

自身は、二日目の夜から宿に入り、三日目の夕方16:00頃まで帯同しておりました。
この短い時間の中で感じた事をいくつか。

例年になく“動ける”大人が多いなと思いながら、現場では練習担当、グラウンド設営やテント設営、写真を撮ったり、今回の合宿ではビデオも撮影し、さらにその“映像”を夜のミーティングに取り入れて活用したりと、“大人”がいるから幅が広がったな。と感じました。
この“映像”でのミーティングは大人も選手も、『なるほど、なるほど』と見入っていたそうです。
こういったミーティングを練馬でもやればいいじゃん!とか勝手に思ってしまいました。

他には、生活面を中心に練習時間にも自然界以外の雷・ゲリラ山口(←?)が何度も落ちていました。
自然界の雷は、三日目の夕方ピカピと落ちてました。
規模は、自然界の方が弱かったらしいです・・・。
練習試合は、Aチームはビデオ撮りながら横目で観戦。
前半は練習での意図・成果を発揮しいましたが、後半は変わってしまい残念。原因は、選手・現場コーチが一番分かっている事でしょう。

それと、今回の合宿で改めて再確認したのが、“感謝”の二文字。
選手達(子供)のサポートを陰で支えてくれている親御さんのサポートや気づきには脱帽です。
陰で誰かが誰かの為に動いている事、これを忘れない!って事を選手に言えば良かったなと後悔。

後悔と言えば自身が練馬に戻る際、6年生だけ集めて3分だけミーティング。(以下ミーティング内容)(①が後悔の内容)
①自身のメニューで走ると約束していたが、出来ない事の謝罪。
嬉しそうに笑っていた子が数人いたのは内緒の話。
②(先も述べたが)怒られ過ぎ。合宿でこんなに怒られている6年生は初めて見たよ。と。

サポートの話で思い出したが、三日目午前に、とある選手のボールがロストして、午前中にスタッフ総出で探すも見つからず、午後も初っ端から捜索。
色々な箇所を隈無く見るも、出てこず。近くに川と雑草の茂みが多々あるから、それらが原因で出て来ない!と探していたスタッフも諦めようとして、当該選手に事情を聞いて状況を確認したら、あらま!!速攻ボールは出てきちゃいました!!!笑
大勢の大人が、一致団結して探していた苦労は何だ!ってか最初から当該選手に状況聞けよバカヤロー!と思いましたが、そんな時のサポート体制は素晴らしかったです。
って、こちらは合宿での思い出話です。
こんな、思い出話はちょっと日が経ったらまた出てくるでしょう。
ここも帯同した他のスタッフが書いてくれればいいのにな~と願うので、またインタビューしようかなと思案中。

更に追加コラム。

0820@練馬総合G
さわやか杯 ブロック予選 一回戦 対 下石
(午前中には、3年生が練習試合で光が丘まで行ってきましたが、こちらは参加出来なかったので割愛。)

リーグ戦が終わってからの練習試合や合宿に費やしてきた時間は、この大会の為にあると行っても過言ではない。
更には、オレンジのチームユニフォームを一新し、Newユニフォームを身に纏い、左腕には“TOKYO NERIMA”の赤の刺繍を入れ込み、強さを形から取り入れて試合に臨む。

立ち上がりからハイペースで試合が進み、外からぼーと観戦していた筆者は前半10分ちょいで勝利を感じておりました。
そんな中で頭を過ったのは合宿での練習試合。前半と後半ががらっと変わってしまう悪い流れ。最悪なパターン。
それでも“公式戦”というワードと、月井コーチのハーフタイムのとある声を聞いて勝利が確信していました。
(ってまだ後半戦始まってもいないのに楽観野郎でサーセン)
楽観的に考えてしまう理由はなんなんだよ!ハーフタイムでの指示もなんだと!気になるでしょうが、意地悪なので書きません。
何はともあれ2-1で勝利!良かった良かった。
って失点してんじゃん!って突っ込まれると思うので、これ以上は触れも書きもしません。

【更に追記】
いや~、今回は長々と大変失礼しました。
最後までお付き合い頂いた暇人の方々には感謝申し上げるのと同時に、その時間を後悔したと思ってもらえればと思い最後に書き上げますw
ここで書いた内容はは、本気(マジ)と冗談がかなり入り乱れていますので、全てが本気で本音だと捉えないで下さい。
気になる事や、知りたい事があれば直接聞いて下さい。それでも本音で応えるか、応えられるかどうかはお約束しません。
とあるコーチから聞いた今回の合宿での出来事。とあるコーチの言動に“感動”した二名の選手の存在の話・・・。
きっとチームの勝利に繋がり、チームの発展に繋がるでしょう。そう祈ります。

Thank you for reading.

From~Ryo.A

-end-

follow us in feedly