勝負師の血が騒いだ。

とある人が言いました。

人間というものは同じところに留まり続けると成長しない。

留まり続けることで得られるものもあるかもしれない、

が、

それでも、

ちょっとだけ、少しずつでいいから前へ進むべきだ、と。

みなさんどうですか?

立ち止まってませんか?

ちゃんと前に進んでますか?

どうも、管理人です。いつもと違う切り口で攻めてみました。


さて、コラムにも書かれていた通り、先日通常練習に参加してきました。
3日前?4日前?くらいかな。月井大先生に“ねぇねぇ紅白戦やろうよー。月井vsオレでさー。”と何度も訴え、挙句の果てに“やってくれなきゃもう開二FCなんて知らない!”と子供以外の何物でもない駄々のこねようで月井コーチを説得。説得っていうかワガママを聞いてもらった感じ。“しょうがねぇなぁ”と大人な対応のつっきー。クールだね。ヒュ~!He’s so Cool!!
てなわけで当日選手を振り分け、チームつっきーvsチームYsでガチンコ紅白戦を行いました。

実際やってみて。。。結果は4-2。完敗。
やるなつっきー(; ・`д・´)お前はオレを超えた。全盛期のオレをな。あとは何も言うまい。
ていうかアレだよね、そりゃ現役トップチームのコーチなんだから勝って当たり前だよね。

って冗談はさておき、なかなか面白かったです。僕の狙いは成功したと言えるのではないでしょうか。
え?狙いなんてあったの?ワガママじゃないの?と思われそうですが、“ワガママ”とは言ったものの、ただ自分がやりたいだけでそんなことをお願いするような甲斐性無しの人間ではございません。もちろん単純に月井コーチと対戦してみたいという気持ちもありましたけどねヽ(´ー`)ノ
あることを選手にもコーチにも感じてほしかった、気づいてほしかったんです。実際彼らがそれを感じたか、気づいたかというのは彼らの口から聞いたわけじゃないので分かりませんが、多分大丈夫なんじゃないかなぁ。

で、その後は紅白戦でいいプレーをした選手の選抜チームと、残りの選手達を2つに分けてそれぞれコーチを加えたチーム×2、計3チームで試合を回しました。
そこでやや残念だったのが、このチーム分けの意味を理解している子が少なかったこと。まぁ、、、言わなきゃ分かんないかな。さすがに。

そんな感じでその日の練習は終了。試合はもちろんだけどやっぱ練習も楽しいよね、と改めて感じた一日でした。
ちなみにそのほかに通常練習に出て感じたこと等は、亮コーチによるコラムで触れているのでそちらをご覧ください。

来週から前期リーグが始まります。
月井コーチが言いました。“リーグ突破してえぇ!”と。普段はクールな彼ですが、秘めたる想いは相当なもんです。
何よりトップチームのコーチですから、スタッフの誰よりもその想いは強いはず。
ならば我々もその“想い”に乗っかるべきでしょう。いや、乗っかるのではなくて全力で支えるべき、ですね。

みんなで協力して、前進して、成長していきましょう。

いつになく真面目な雑記でした。

ヽ(´ー`)ノ

そして人生とフットボールは続く。。。

follow us in feedly